大学病院の看護師が辞めたい気持ちになる理由

大学病院の看護師が辞めたい気持ちになるのはどういった時なのでしょうか?そして、その気持ちになる理由も知りたいですよね。看護師は簡単に転職を繰り返しているように見えるかもしれませんが、実際はそうではありません。

大学病院の看護師 辞めたい気持ちになるシチュエーション

大学病院の看護師が辞めたい気持ちになるシチュエーションというのは、どんな感じなのでしょうか?様々なケースがありますが、その中で代表的なものを紹介します。

上司にこっぴどく怒られたとき

これは怒られた方が悪いというケースが思い浮かぶかもしれませんが、そういった時には看護師も辞めたいとはなりません。実は、怒ったときに上司に非があるケースの時に辞めたいとなるのです。

上司に非があるというのは、例えばミスではないのにミスだと思って怒ったり、他の看護師がしたミスで怒ってしまったりした時にことです。

こういった時に、アフターフォローを上司がしっかりと行えばいいのですが、多くの場合、何事もなかったかのように振る舞います。このことで、看護師はひどく傷つき、辞めたい気持ちが強くなって退職してしまいます。

場合によっては精神疾患になり、長期休職になることもありますので、注意が必要です。

同じミスを何度もしてしまったとき

ミスをすること自体は仕方ない、となりますが、それを何回も繰り返してしまうと、自信をなくしてしまいます。自分は大学病院に向かないんじゃないか、看護師の仕事が合っていないんじゃないか、などと考えてしまうようになります。

こうやって考え込んでしまうと、更なるミスをしてしまう、そういった循環が生まれ、より一層辞めたい気持ちが強くなっていきます。

別の病院で働く看護師から羨ましい話を聞いたとき

看護師は、勤務先の病院以外で働く看護師の友人がいる方は結構います。となると、例えばちょっとお茶をした時に、お互いの勤務先の話などをすることもありますよね。

その時に相手の勤務先の方が条件が良かったりすると、羨ましく思えてきます。そこで聞き流せば問題ありませんが、家に帰っていろんな求人を見たりすると、より一層辞めたい気持ちが高ぶってしまいます。

もちろん、勤務先に対する不満がなければ転職したいとまではなりませんが、不満を持っている部分があると、一気に心が傾くこともあるのです。

大学病院の看護師 辞めたいと思ってからの行動

大学病院の看護師は辞めたいと思ってもすぐに辞めれるわけではありません。

多くの場合で、3月末退職となっており、半年くらい前には退職の意思表示をしないといけないというルールが多いです。となると、計画的に退職に向けて行動することが大切なのです。

どのタイミングで退職するかをはっきりさせる

大学病院の場合は、退職時期を今年度にするのか来年度にするのかをはっきりさせておいた方が良いですね。これを4月の段階で考えておくことが、タイミングを逃さないコツです。

というのも、毎年多くの新卒が入社する大学病院ですが、その人数と同数の看護師が3月末で退職しています。つまり、相当数の看護師が辞めていることになります。

辞めるのも競争と言えますので、先手先手を打っていくことが大切です。

計画的に転職活動を行う

辞めたいと感じてそれから計画的にというのは難しいですが、退職をいつにするかだけ決めておけば、そこに向けた計画を立てていくことはできます。

大体半年くらい前から入社試験を行っていますので、そこに向けて求人を探し、どの病院などに面接に行くかを決めます。ただ、この時に病院以外も視野に入れるのであれば、いろいろと調整が必要です。

面接時期のタイミングが違うためです。例えば、病院は半年くらい前から行っていますが、クリニックは1ヶ月くらい前が一般的です。こういったものを合わせていくのが大変なのです。

面倒なことはプロに任せるのも良いかもしれません

こういった面接時期の問題などは、看護師転職支援サイトを活用すれば、上手く調整してくれます。例えば、病院の面接時期をクリニックの求人が出る時期に合わせてくれます。

病院に待ってもらうということですね。こういった作業も自分ではなかなかしにくいものです。それを気軽に行ってくれる看護師転職支援サイトは、便利なサービスです。

大学病院の求人ランキング


  • 看護roo!

    看護roo!

    大学病院の求人なら看護roo!を利用するのが一番の近道です。求人について細かいところまで調べ上げてくれるのが人気の理由。疑問に思うことはどんどんぶつけましょう!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    マイナビ看護師も実績のあるサイトですのでおすすめです。地方の大学病院であってもしっかりと求人を持っています。実績が豊富ですので、安心出来ますよ。

このページのトップへ