大学病院の看護師 注射が上手くなるためには

大学病院の看護師は注射が上手くならないケースがあります。もともと大学病院ではほとんど注射を行っていないケースがほとんどですので、仕方ない面もあります。上手くなるための手段にはどういったものがあるのでしょうか?

大学病院の看護師 注射は必要ない?

大学病院の看護師は注射は必要ないかもしれません。というのも、大学病院では看護師が注射を行うことがほとんどないためです。大学病院では、注射は研修医の仕事ですので、看護師が行わないのです。

しかし、看護師として仕事をしていく中で、注射が必要ない仕事かというとそうではありません。例えば、大学病院から一般急性期病院などに転職すると、注射を行うケースも出てくるのです。

大学病院の看護師にとっては注射は必要ないですが、キャリアで考えた時には必要なスキルと言えるでしょう。では、どうやって身につけていくと良いのでしょうか?

大学病院では注射を行う機会がありませんので、注射を行っている研修医の観察などがメインになります。

また、注射などの技術向上のためのセミナーなどを行っているところもありますので、そういったものに参加するのも1つの方法です。

大学病院で患者様に対して注射をする機会を求めても仕方ありませんので、出来る範囲で技術を身につけることが出来る方法を考えるようにしましょう。

長い看護師キャリアを考えると、注射の技術はあった方が良い、この気持ちを大学病院で勤務している時から持つことが大切です。

大学病院の看護師 注射を転職後にできるようにする

大学病院の看護師は注射を総合病院などに転職した後に、できるようになる必要があります。注射は看護師のメインの仕事ではありませんが、総合病院では動脈注射以外の注射は看護師が行うケースが多いです。

理由としては、医師の数が大学病院と比べると少なく、また研修医の数も少ないことが挙げられます。

つまり、医師の数が不足しているため、看護師でも出来る医療行為は積極的に行っていく必要があるのです。

転職後に注射をできるようになるのはなかなか難しいですが、大学病院で仕事をしていたというプライドを捨てることができれば、問題なく注射ができるようになる可能性が高くなります。

注射は若い看護師、ベテランの看護師に関係なく、上手い看護師は上手く、あまり上手でない看護師は上手ではありません。

注射が上手になる秘訣は、注射が上手な看護師から学ぶことです。若い看護師からでも積極的に学ぶ姿勢を持てるかどうかが重要なのです。

大学病院の看護師は注射に対する苦手意識をなくすことが必要

大学病院の看護師は注射に対する苦手意識を持っている方が結構多いです。例えば、大学病院に5年勤務をし、民間の総合病院に転職したいという際に、注射のことを心配します。

注射をほとんどやっていないので自信がないがそれでも採用してもらえるか心配、という感じですね。

もちろん、注射は業務として入ってきますので、できるようになる必要はありますが、総合病院側も分かっていますよね。大学病院の看護師は、注射をほとんどしたことがないことを。

よって、自分が思うほど問題があることではないのです。また、注射に対して苦手意識がある大学病院の看護師は、まずは注射に対する苦手意識をなくすことが大切です。

そのためには、注射が現時点では上手にできなくて当然と思うことです。注射に苦手意識があるのは、注射をしていなかったことが原因ですよね。

していなかったのですから、できなくて当然です。苦手かどうかはやってみないと分からないわけです。こう思えるかどうかで、注射に対する感じ方が変わってきます。

よって注射ができないことは気にせずに転職活動をすることをお勧めします。しかし、大学病院から転職して上手くいっている看護師が多い職場を探すのは大切なことです。

そういった職場は、注射に関して慣れるまでしっかりと時間をくれる、理解のある職場なのかもしれませんよね。

こういった情報は求人票には記載がありませんので、看護師転職支援サイトに登録し、大学病院の看護師が転職して上手くいっているケースが多い職場を教えてもらうと良いでしょう。

大学病院の求人ランキング


  • 看護roo!

    看護roo!

    大学病院の求人なら看護roo!を利用するのが一番の近道です。求人について細かいところまで調べ上げてくれるのが人気の理由。疑問に思うことはどんどんぶつけましょう!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    マイナビ看護師も実績のあるサイトですのでおすすめです。地方の大学病院であってもしっかりと求人を持っています。実績が豊富ですので、安心出来ますよ。

このページのトップへ