大学病院の看護師が辞める状況を考える

大学病院の看護師が辞める状況というのはどういった時なのでしょうか?忙しさについていくことができなかったり、人間関係がしんどかった、といった理由が思いつきますが、もっとリアルな心の動きを解説します。

大学病院の看護師が辞めると心に決めるまで

大学病院の看護師が辞めると心に決めるまでには、いろいろな葛藤があります。これは経験年数が長くても短くても同じです。

もちろん、葛藤の内容は違ってきますが、ここでは経験1年未満、3年程度、10年以上に分類して解説していきます。

1年未満で辞めるとなるのは、そもそも無理があった?

1年未満で辞めるというのは、一言で言うと大学病院が合わないということです。そして、そこをもう少し掘り下げていくと、あまり勉強意欲が強くない看護師の方が多いですね。

勉強して看護師の知識とスキルをどんどん向上させたい、というのではなく、まずは結婚するまでそれなりに働く、といった発想です。これは良い悪いの話ではなく、看護師という仕事の現状を考えると、そういった考えで目指す人が増えても仕方ないと言えます。

簡単に言うと、不景気で安定した収入がある仕事が少ない、その中で看護師は仕事が多く、収入も生活には困らないくらいのものはもらえる、だから親が勧めるんですよね。

ただ、こういった看護師でも十分仕事ができるようになります。できれば大学病院よりも地域密着型の急性期病院に転職し、まずはそれなりの環境に身を置いてみることです。

その中で自分自身がやりたいと思える仕事が見つかれば、それを目指してキャリアを構築していけばいいのです。

経験3年程度で辞めるのは、何となく?

経験3年というのは、看護師が転職する1つのサイクルです。大体3年でプリセプターも経験し、1人前の看護師になります。そこで、次のキャリアを考えてみようとなるのです。

ここで問題なのは、自分自身が次にやりたいことが見つかって、辞めたいとなるのは問題ないのですが、そういった看護師を見る中で、自分も何となく辞めたいとなる看護師です。

案外こういった考えで転職活動に入る看護師は多いのです。そして、結果として転職活動に失敗してしまいます。転職するんじゃなかったとなってしまったり、短期間での転職を繰り返すようになります。

看護師の場合は勤務先としては病院や施設、クリニックなどいろいろとありますが、どこにいっても看護業務をすることには変わりありません。

つまり、何となくで転職すると何となくで辞めてしまうのです。特に気が合わない上司がいる、等になってくると、就職先はいっぱいあるし転職しようかな、となってしまいます。

看護師としてのキャリアを考えて転職することが大切ですね。

経験10年以上の看護師はセカンドキャリア、そして定年を…

経験10年以上の看護師は、セカンドキャリアや定年を見据えた転職を考えます。辞めたいと思う瞬間は、体力的にきつくなったり、今までできていたことができなくなった、という瞬間に思います。

例えば、夜勤明けに出かけることができない、など、体力の低下による部分で感じることが多いですね。

ただし、辞めたいとなっても次の職場に慣れるかどうか、そして、定年のことを考えると退職金がありますが、大学病院にずっといた方が良いんじゃないか、などを思います。そういったリスクを押してまで辞めると思えるかどうかですね。

大学病院の看護師 辞めるのも簡単ではない?

大学病院の看護師は辞めるのも簡単ではありません。看護師数が多いので辞めやすいのではないかと思われがちですが、大学病院は看護配置基準を高いものに設定しているケースが多いため、看護師の頭数が必要です。

よって、退職に向けて順番待ちになっていることが多いです。場合によっては2年かけて退職というのも珍しくありません。

こういった中で、出来るだけ早く退職にこぎつけるためには、看護師転職支援サイトを活用するのが一番です。看護師転職支援サイトでは、出来るだけ早い段階で退職するための知恵を出してくれます。

今までの多くの症例から出してくれますので、実際に退職できる可能性がぐんとアップしますよ。

大学病院の求人ランキング


  • 看護roo!

    看護roo!

    大学病院の求人なら看護roo!を利用するのが一番の近道です。求人について細かいところまで調べ上げてくれるのが人気の理由。疑問に思うことはどんどんぶつけましょう!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    マイナビ看護師も実績のあるサイトですのでおすすめです。地方の大学病院であってもしっかりと求人を持っています。実績が豊富ですので、安心出来ますよ。

このページのトップへ