大学病院 看護師のスキルで必要なもの

大学病院の看護師のスキルでどのようなことが必要なのでしょうか?また、他の病院で必要なスキルとの違いはどのようなものがあるのでしょうか?大学病院は最先端医療を提供しているというだけではないのです。

大学病院 看護師のスキルで最も大切なのはコミュニケーション能力

大学病院の看護師のスキルとして、いろいろなものが必要と言われていますが、その中でも特に大切なのは、コミュニケーション能力です。

少し意外な感じがする方もいると思いますが、他の病院と比べても大学病院はコミュニケーション能力が大切と言える職場です。

というのも、大学病院は関わる人間が非常に多いためです。新卒で入職した際には、先輩看護師との関わりが多いですよね。先輩看護師とのコミュニケーションは非常に大切なものですが、同時に難しいものでもあります。

というのも、じっくりと時間をかけてではなく、バタバタと忙しく仕事をしている中で、コミュニケーションをとっていく必要があります。

これは看護師になってからのスキルではないかもしれませんが、このコミュニケーション能力が高い人は、新卒1年目を特に問題なくクリアすることが多いです。

逆に先輩看護師が忙しそうな中で、なかなか質問できない、分からないことを聞けないという看護師は、先輩看護師から怒られることも多くなり、自信をなくし耐えられなくなって1年以内に退職してしまうことがあります。

看護師間以外でも、例えば医師とのコミュニケーションも大切です。医師に気に入ってもらえると、仕事がスムーズになります。逆に コミュニケーションが上手く取れていないと、医師との関わりが苦痛で仕方なくなります。

医師はもともと難しい人が多いため、看護師に問題があるわけではないケースも少なくありません。しかし、どちらが悪いにしても、病院側は医師を守ることがほとんどであるため、看護師が悪者になってしまいます。

そうならないためには、コミュニケーションで自分を守ることが大切なのです。

大学病院 看護師のスキルで状況判断力が大切

大学病院の看護師のスキルで、状況判断力は大切です。というのも、大学病院は緊急性の高い患者様が多く、急変も多いです。そういった時にとっさの状況判断で行動できないと、手遅れになってしまうことがあります。

大学病院の看護師は看護技術はそれ程必要ありません。理由は研修医が代わりに行ってくれる業務が多いためです。例えば、採血や静脈注射などは研修医の仕事になります。

よって、仕事が楽なのかと思われるかもしれませんが、その分医師の仕事のサポートや、病棟の患者様の状態の観察などをしっかりと行っています。その時に状況判断力が最も重要なスキルになるのです。

大学病院の看護師 スキルが足りないと思ったときには

大学病院の看護師がスキルが足りないと思ったときは、当然転職は頭によぎります。しかし、その前に自分のスキルとやりたいことを棚卸しすることが大切です。

もしかすると、大学病院で働くのが性格的に向いていないのかもしれませんし、自分の苦手分野だったのかもしれません。自分自身の棚卸しをすると、今後大学病院で勤務を続けたいと自分自身が思っているかどうかに気づきます。

その上で、転職する選択肢を選ぶかどうかを決めれば良いのです。

大学病院は人間関係の悩みも多いですし、スキルの面でも技術的な部分は磨くことはできないのに、知識はどんどん吸収できるという、ある意味ジレンマが生まれやすい状況に陥ってしまいます。

当然ですが、知識を活かして実践してみたいですよね。今まで研修医が行っていた看護師ができる業務をやってみたくなりますよね。その気持ちが高ぶったのであれば転職する時期です。

まずは看護師転職支援サイトに登録し、どういった病院があるのか、各々の病院の業態の特徴を知ることが大切です。そして自分自身が望んでいる仕事ができる環境をじっくりと探すと良いですね。

大学病院の場合は、退職時期が3月末になることが多いので、ある程度ゆとりを持って転職先を探すことができます。

後悔しない転職先を探すためには、いかに面接前に情報を収集できているかが大切ですので、看護師転職支援サイトをフル活用しましょう。

大学病院の求人ランキング


  • 看護roo!

    看護roo!

    大学病院の求人なら看護roo!を利用するのが一番の近道です。求人について細かいところまで調べ上げてくれるのが人気の理由。疑問に思うことはどんどんぶつけましょう!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    マイナビ看護師も実績のあるサイトですのでおすすめです。地方の大学病院であってもしっかりと求人を持っています。実績が豊富ですので、安心出来ますよ。

このページのトップへ