大学病院の看護師 転職したい時に考えること

大学病院の看護師が転職したいと思ったときに、どういったことを考えるのでしょうか?条件面のこと、スキルのこと、自分に向いているかどうかなどいろいろと考えることがあります。そういったことをまとめてみました。

大学病院の看護師 転職したい時に頭によぎること

大学病院の看護師が転職したい時に頭によぎることはどういったことがあるのでしょうか?頭によぎったことが転職活動を行う際のポイントになってきます。

将来性を考えるとどうなのか

大学病院は基本的に安定しています。年収も比較的高年収になりますし、賞与が大幅カットになったり、潰れたりする心配も民間病院と比べると少ないです。

そして、病院の内容ががらっと変わることも少ないです。民間病院の場合、例えば産婦人科がなくなるなど、今まであった診療科目をやめて、違う診療科目にしたりすることもあります。

もし、自分が好きな診療科目がなくなってしまうとどうでしょう?勤務を続けることをためらいますよね。そういったことが少ないのも、安定感の一部としてあるのです。

この安定感は、そのまま将来性に繋がります。つまり、安定感がある病院は、将来も安泰だということになり、安心して長く勤務できるとなります。

大学病院よりも安定感がある病院というものが少ないため、転職を考えても躊躇することがあります。

年収が下がる

必ずしもとは言えませんが、大学病院で5年以上キャリアを積んだ看護師の年収は、民間病院の年収と比べて高いです。つまり、転職が年収アップに繋がらないのです。

看護師の転職理由はキャリアアップや休日、残業、人間関係などもありますが、やはり年収も入ってきます。これが大学病院の看護師が転職を躊躇う理由の1つです。

仕事が煩雑

大学病院は仕事が細分化されていますので、業務が比較的システマチックにスムーズに流れます。

それが、民間病院に関しては、業務が煩雑になり、大学病院ではこんなことなかったのに、と思えることが多くなります。

また、看護師の仕事の範囲が広がります。大学病院だと採血などを研修医が行っているケースが多いですが、全て看護師が対応することになります。

救急搬入患者は大学病院の方が多くバタバタしますが、業務の多さで言うと民間病院の方かもしれません。その点で質の低さを感じてしまうと、大学病院からの転職を後悔することになります。

大学病院 看護師の転職は特定の年代で

大学病院の看護師の転職は、特定の年代が多くなっています。これは、大学病院でずっと勤務するのか、それとも大学病院の経験を活かして違った分野で仕事をするのか、の考え方によるものです。

経験年数で3~5年の転職が多い

大学病院の経験で、ひとまず3年で一人前と言われます。つまり3年経験すると、キャリア変更を考えている看護師に関しては、辞め時なのです。

それに、看護師は女性が多いため、結婚の事も考えてキャリアを設定している方もいます。30歳前で結婚するとなると、独身で好きなように仕事ができるのは8年くらいです。

となると、3年を下積みとし、5年が本番となりますね。やはり、本番の方を長くしたい、と無意識のうちに思っているのかもしれません。

また、5年で転職する看護師は、慎重な方となかなか退職できなかった看護師が多いですね。

40歳も1つの節目です

正直転職のハードルは高いですが、転職を考える看護師が多い年齢が40歳です。このまま大学病院のみで終えていいんだろうか?と少し疑問に感じる時期なのです。

この時に施設や訪問看護など、少し違った分野の仕事が気になります。ただ、最終的には年収面で折り合いがつかず、転職に至らないケースも多いです。

まずは看護師転職支援サイトに登録して情報収集

大学病院のみで経験を積んでいると、他の看護師の仕事が異次元ものに感じられることでしょう。

どういったところが自分に向いているかもしれないのかが、はっきりと分かりません。

こういった状態で転職活動を行ってしまうと、後悔する転職になる可能性が高いです。

まずは看護師転職支援サイトに登録し、自分自身の要望や考えを伝え、それに該当しそうな職場を紹介してもらうと良いでしょう。

その中で、自分に向いている仕事が見えてくるかもしれません。

大学病院の求人ランキング


  • 看護roo!

    看護roo!

    大学病院の求人なら看護roo!を利用するのが一番の近道です。求人について細かいところまで調べ上げてくれるのが人気の理由。疑問に思うことはどんどんぶつけましょう!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    マイナビ看護師も実績のあるサイトですのでおすすめです。地方の大学病院であってもしっかりと求人を持っています。実績が豊富ですので、安心出来ますよ。

このページのトップへ