大学病院 看護師の中途採用組はどうなの?

大学病院の看護師は中途採用枠は民間病院と比べると少なくなっています。これは新卒で数が足りているから、という理由なのでしょうか?実は他にも中途採用を出来るだけしたくない理由があります。あくまで出来るだけですが。

大学病院 看護師の中途採用は少ない?

大学病院の看護師は中途採用が少ないですよね。実際に、新卒で100名以上の採用を行い、中途採用は一切しないという大学病院もあります。

この辺りはどういった事情があるのでしょうか?

中途採用組は離職率が高い?

大学病院は最先端の医療が学べる場所として、スキルアップを望む看護師に人気が高いです。

採用試験に落ちた、奨学金の関係で大学病院を受けることができなかった、などの理由があって大学病院に入れなかった看護師や、自分のしたいことが大学病院にあると感じた看護師が中途採用を希望しています。

しかし、大学病院以外の病院を経験した後で大学病院に入職すると、その忙しさについていけなくて早期退職するケースが多いです。理由は簡単で、今までの職場よりも断然忙しかったためです。

患者様の入退院のペースも違いますし、重症度も違います。看護師として初めての勤務先であれば、こんなものかで我慢できるのですが、一旦民間病院を経験すると、耐えられなくなってしまいます。

これが、中途採用組の離職率が高い理由です。

みんな揃って同じ研修体制でやりたい

大学病院では、中途採用に関しても4月入職が多いです。また、4月以外の場合は契約社員での採用となり、4月から正社員になるケースもあります。

この4月入職に大学病院がこだわるのは、一括した研修体制で行いたいためです。

つまり、個別の研修ではなく、4月からヨーイドン!でスタートしたいのです。看護師数が多く、採用人数も多いため、個別対応が難しいという事情があります。

中途での希望者が少ない

看護師にとっても大学病院は少し敷居が高いものです。30代になるともう採用してもらえないんじゃないか、と考えている看護師もいます。

そういった中で、そもそもチャレンジしない看護師が多いのです。また、大学病院の忙しさについていく自信がないため、興味があっても希望しない看護師もいます。

つまり、中途採用で就職を希望する看護師自体が限られているのです。

大学病院 看護師が中途採用してもらうために

大学病院で看護師が中途採用してもらうためには、どのようなことに気をつければ良いでしょうか?ちょっとしたポイントを紹介します。

急性期病院や総合病院での経験をアピール

年齢にもよりますが、30歳付近の看護師であれば、経験をアピールするのが最も効果的です。

ただ、経験なら何でも良いかというとそうではなく、急性期病院や総合病院の経験をアピールすることが大切です。

大学病院には、最も力を入れている診療科目や、専門性が高い診療科目があります。そういったものに繋がる診療科目の経験があれば、それをより強調しましょう。

自分自身の経験のアピールにもなりますし、どういったところで活かせばいいか、大学病院側がイメージできます。

また、大学病院のことをよく知っていることをアピールすることにもなります。印象が良くなることは間違いないでしょう。

看護観をまとめておく

大学病院は技術的な面よりも、まずは考え方、いわゆる看護観を大切にします。入職するとそうでもないですが、面接時には看護観を聞かれることがありますし、小論文で書くこともあります。

準備しておいて損はないですね。参考となるのは、大学病院のホームページ内の看護部のページです。

そこには看護部がどういった考えで看護を行っているかが書かれていますので、それにそってまとめておくと良いですね。

大学病院の採用情報などを看護師転職支援サイトで確認

大学病院の求人は随時ではなく、タイミングがあります。よって、常にチェックしておくことが望ましいですね。しかし、仕事をしながらずっと大学病院の情報をチェックするのもしんどいものがありますよね。

そういった情報を看護師転職支援サイトから送ってもらうと良いでしょう。随時必要な情報を送ってくれますので、転職活動の助けになること、間違いありません。

大学病院の求人ランキング


  • 看護roo!

    看護roo!

    大学病院の求人なら看護roo!を利用するのが一番の近道です。求人について細かいところまで調べ上げてくれるのが人気の理由。疑問に思うことはどんどんぶつけましょう!

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    マイナビ看護師も実績のあるサイトですのでおすすめです。地方の大学病院であってもしっかりと求人を持っています。実績が豊富ですので、安心出来ますよ。

このページのトップへ